二つの立場のいずれを採用するか

 二つの立場のいずれを採用するかは、だから少なくとも「為政者」の壇場に立つ限りに於ては、原則的にはどっちでもいいことであって、その確率は恐らく半々であるかも知れない。その確率とはつまり資本制を発展させ得る(即ち又させ得ない)確率のことだが。 して見ると、この二つの立場は、云わば強気と弱気とのような...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:19 pm  

大蔵省当局

 之に対して大蔵省当局は少しも相手にならなかった。とに角陸軍は八百万円以上の予算の第二次復活を得た。だが蔵相の所論が発表された時は、都下の主な新聞紙は揃って蔵相に拍手を送ったことを忘れてはならぬ(之に比べて陸軍の非公式声明が如何に弁解的であるかは、すでに蔽うことの出来ない感触だ)。尤もこの同じ新聞紙...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:18 pm  

この所説の報道

 この所説の報道がそんなに間違っていなかった証拠は、之を反駁した陸軍の非公式声明(『東朝』四月二十八日付)に見られる。少し長いが念のため全文を引用しよう。「国防と財政との調整に就いて稍々誤解の向きもあるようで、中には刻下の我国の非常時は主として我が軍部によって作られたものであるかの如き口吻を漏らす...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:18 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0121 sec.

http://capital-iaap.org/