耳に愬へる言葉の価値

 耳に愬へる言葉の価値が国民生活の文化的表現として夙に尊重されてゐる国では、演劇がおのづから国語教育の一分野を受けもち、俳優は「話される言葉」の正統的なエキスパートとして、社会全体がこれを認めてゐる事情を、今更ながら私は当然なことゝ思ふ。 最近わが国にも紹介されたフランス映画の「とらんぷ譚」といふ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:58 pm  

在来のわが国の演劇

 これは、在来のわが国の演劇が、伝統的に時代の教養から遊離し、高い意味での文化的な指導性をもつてゐなかつたことが第一の原因であり、第二の原因としては、今日までの国語教育乃至国語の修得といふことが、主として「文字」を通じてなされ、「読み書き」が主であつて「音」による「言葉」の研究がいくぶん軽視され、「...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:58 pm  

戦時の要求に応ずる文化部門の身構へ

 戦時の要求に応ずる文化部門の身構へといふ意味とは別個に、また、政治理論の芸術的扮装などと混合しない範囲で、国家は速かに演劇統制に乗り出してほしい。最近新聞の報ずるところによれば、そのプログラムも一応できあがつてゐるやうである。われわれはその内容について直接当局からはなにも聞いてゐないけれど、各項目...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:57 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0924 sec.

http://capital-iaap.org/